サーフボードや荷物の車内収納におすすめの【カーモック】と【ラックベルト】

      2017/05/07

カーモックとラックベルト

カーモックとラックベルト

車にサーフボードやサーフィングッズをのせるとかなり場所をとってしまう。なんとかうまく収納したいなと考えている方は、【カーモック】と【ラックベルト】がおすすめ!

  • サーフボードやサーフィングッズを収納するなら【カーモック】
  • サーフボードのみ収納したいなら【ラックベルト】

室内天井に荷物が積めるように設置するとかなりスペースが確保できて便利。用途に合わせてチェックしてみては!

カーモックについて

車内天井横にあるアシストグリップにハンモックのように吊るして使うので、ある程度高さがあり広めの車がおすすめ!

天井が低い車だと、カーモックを設置してサーフボードや荷物をのせると、運転中に後ろが見えなくなってしまう可能性がある。購入する前に、要検討をおすすめする。

車のアシストグリップ4か所を利用した設置と2か所を利用した設置の2つの使い方ができるのも◎

  • ショートボード2本収納(車内積み)可能
  • ファスナー式スリットが2か所あるので小物の収納が楽!
  • 長さ調整機能付き
  • アシストグリップのある車ならば小型車(軽)から大型車まで設置可能

楽天市場で「カーモック」をチェックする方はこちら

Amazonで「カーモック」をチェックする方はこちら

ラックベルトについて

車内のアシストグリップにラックベルトをつけることで、サーフボードを車内積み(収納)できる。

  • バックル付ベルトで脱着が簡単!
  • サーフボードと接するベルト部分にクッション性があるので、板のキズを保護できる。
  • 長さ調整機能付き

アシストグリップの左右の間隔が93cm~128cmの車に取り付け可能。ほとんどの車は対応しているが気になる方は、アシストグリップの左から右の天井幅を測ると後から後悔しなくてすむので、おすすめ

楽天市場で「ラックベルト」をチェックする方はこちら

Amazonで「ラックベルト」をチェックする方はこちら

スポンサーリンク

 - サーフィン(surfing)