「M1層,M2層,M3層,F1層,F2層,F3層,C層」ターゲット層の世代区分に用いる用語

2014年11月2日

M1層やF1層、M2層などの用語ってよく耳にすると思います。
みなさんは、会話にF2層という言葉が出てきた時、頭のなかで「35歳から49歳まで」ってぱっとでますか?
私は、区分が曖昧になることがあります。
下記は、迷った時にすぐに確認できるようのメモです。私と同じような方がいましたらぜひ、ご活用ください!

ターゲット層の世代区分に用いるM1層、M2層、M3層、F1層、F2層、F3層、C層とは

簡単に説明すると、視聴率調査や、広告業界が、メディアやサービス開発などに、ターゲットとする世代区分として使われるマーケティング用語です。

M層とは

Mは、Male(男性)の頭文字をとっている。

  • M1層・・・20歳~34歳の男性
  • M2層・・・35歳~49歳の男性
  • M3層・・・50歳以上の男性

F層とは

Fは、Female(女性)の頭文字をとっている。

  • F1層・・・20歳~34歳の女性
  • F2層・・・35歳~49歳の女性
  • F3層・・・50歳以上の女性

C層とは

C(Child)の頭文字をとっている。

C層・・・4歳~12歳の男女

T層とは

T(Teenager)の頭文字をとっている。

T層・・・13歳~19歳の男女

参考:視聴者 – Wikipedia