知っておくべきSEOの基礎知識「URL正規化」とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

URLの正規化は、SEO内部施策の中で重要だと知っているけど、「具体的に何をチェックしたらいいのかな…」「どうやって正規化の対応したらいいかわからない」とお困りではありませんか?

そんな方のために、URLの正規化のために最低限チェックしたほうがいいポイントをまとめました。
具体的には、

  • 「www有無」「https/httpのリダイレクト」「index.html(index.php)有無」などの基本的な正規化
  • 404エラーの正規化やcanonical設定について

の内容になります。

現状サイト(ホームページ)の改善や新規サイトの要件定義及び公開前のチェックに使えます。

スポンサーリンク

URLの正規化とは

重複コンテンツ(コンテンツが同じなのにURLが異なる状態のこと)を1つにまとめることです。

URLの正規化が必要な理由

同じコンテンツのページのURLが複数あると

・良質な外部からのリンクが分散
・検索エンジンの非効率なクロールが行われる可能性があります。

その結果、評価が分散され、狙っているページの検索順位に悪影響を及ぼすことがあります。

また、意図的に低品質なコンテンツを増やそうとしていると判断され、サイト全体の評価が下がる可能性もあります。

やってる方は、当たり前のことかもしれませんが、新規でWebサイトを作成もしくはリニューアルを検討されている方は、URLの正規化を必ず行うことをおすすめします。

URLの正規化リスト

www有無の正規化

www有無どちらにもアクセス可能にし、どちらか片方に301リダイレクトを設定する。
システムの仕様上リダイレクトが不可能な場合は、canonical設定を行う。

(例)www無をメインにする場合
https://www.hoge.jp ← こちらをアクセスしたときにhttps://hoge.jpにリダイレクトをかける

https/httpを正規化

httpsに301リダイレクトを設定する。
HTTPS (SSL/TLS)は、検索順位を決めるアルゴリズムとして利用しているのでhttps/httpを正規化はマスト

参考:Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPSをランキングシグナルに使用します

SSL対応(https)の注意点

(例)httpsが表示させる場合
http://hoge.jp ← こちらをアクセスしたときには、https://hoge.jpにリダイレクトをかける。

index.html(index.php)有無の正規化

index.html(index.php)有無両方アクセスできるようし、どちらか片方にに301リダイレクトを設定する。

(例)index.html(index.php)無で統一している場合
https://hoge.jp/index.htmlにアクセスした場合、https://hoge.jpに301リダイレクトをかける。

システムの仕様上リダイレクトが不可能な場合は、canonical設定を行う。

モバイル用URL・スマホ用URLの正規化(URLが別々の場合)

URLが別々の場合は、PCサイトからモバイルサイトにアノテーション設定

モバイルサイトにcanonicalでPCサイトURLを正規のURLとして指定

同一サイトで、PCとスマートフォンが異なるURLの場合に、設定するrel属性

今後は特別な理由がない場合は、レスポンシブWebデザインを選択するべき

Googleのゲーリーさん曰く動的配信・別々URLはもはや非推奨と言っています。

レスポンシブWebデザインにしないといけない理由
  • コンテンツの欠如
    PC 向けページにあるコンテンツ(テキスト、画像、動画)がモバイル向けページにない場合、検索エンジンのランキングに影響します。 
    ※ユーザビリティやパフォーマンスを考えた設計が必要になる。
  • 構造化データの欠如
    PC向けページにあるコンテンツがモバイル向けページにない場合、MFIが始まったらリッチスニペットが適用されなくなる。
  • メタデータの欠如
    代表例は、多言語・多地域サイトで用いるhreflangです。MFIではhreflangもモバイル向けへのマークアップが必要になる。

参考:Googleモバイルファーストインデックス後はレスポンシブが唯一の選択肢か? #inhouseseo | 海外SEO情報ブログ

404エラーの正規化

ファイルの存在しないページは、404ページをだす。
404ページにきてしまったユーザの離脱を減らすために、ページのカスタマイズ

その他の重複対策

設計次第のところがありますが、下記ケースは、大体はcanonical設定で対応可能です。

ECなどで、一覧のソートページがある場合

canonical設定で対応

カテゴリやタグページ

基本は、重複しないように設計するべき、どーしようもない場合はcanonical設定で対応

一覧ページ(カテゴリ)のページネーションページ

rel=”next”とrel=”prev”属性とcanonical設定で対応
参考:ページネーション(ページ送り)各ページの存在をGoogleに伝える方法

トラッキングIDがついたページ

canonical設定

プリント用のページ

canonical設定+インデックスさせる必要もないのでnoindex設定

参考:正規 URL を使用する – Search Console ヘルプ

URLの正規化で困ったときのメモ

さくらのレンタルサーバでhttps→httpに勝手にリダイレクトされるのを解決する方法

さくらのレンタルサーバ(共有サーバ)での独自SSL(SNI SSL)を設定しようとすると、https→httpに勝手にリダイレクトされるという謎の現象が起きてしまいます。

これを解決するには、.htaccessとwp-config.phpを修正する必要があります。下記サイトが、うまくまとめてくれているので、お困りの方はぜひ参考にしてみてください。
参考:さくらのレンタルサーバでHTTPS(SNI SSL)な独自ドメインのWordpressサイトを構築する際の注意点 – Qiita

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク