水の温度でグラスが青色に変化する?「ウォーターイズブルー グラス」

この記事は約1分で読めます。

ウォーターイズブルー グラス(Water is Blue)

ウォーターイズブルー グラス(Water is Blue)は、FLASK(日本のデザイナーデュオ)が人々はなぜ水を青く描くのか?という疑問を元にデザインしたグラスです。

グラスが低温(約10℃以下)になると色が変化する特殊インクが施され、常温に戻ると乳白色に戻ります。

水を入れた分だけグラスの色が青く変化する仕掛け。発想が斬新すぎる!半端ないです。

ウォーターイズブルー グラス(Water is Blue)

手でしばらく持ってみると手の温度で色が変わったりと、様々な楽しい発見があるグラスです。

家族や友人、お客様へのサプライズにおすすめ!ぜひチェックしてみてください。

【ウォーターイズブルー グラス(Water is Blue)をチェックする方はこちら】

製品情報

  • ブランド,デザイナー:Flask(日本のデザイナーデュオ)
  • 材質:ガラス, 特殊インクコーティング
  • サイズ:高さ18.3cm x 直径6.4cm
  • 容量:275ml
  • 原産国:日本
  • 備考:特殊インクの劣化を防ぐために、熱湯、金属タワシ、直射日光を避けて下さい。