サーファーのために作られたオーガニック日焼け止め「サーフヨギ」

サーフヨギ ナチュラルサーフスクリーン
サーフヨギ ナチュラルサーフスクリーンは、インドネシア「バリ島」のサーファーが作った肌(からだ)と環境(海やリーフ)優しい日焼け止め。

出典:Surfyogis Natural Surfscreen Zinc – Sunscreen – SurfYogis

固形タイプなので、に使うのが適しています!

原料に化学薬品を使わず自然由来100%のオーガニック素材を使用しているこだわりが魅力。

  • 紫外線吸収剤、防腐剤、合成香料など不使用
  • 全ての原料は、自然由来100%のオーガニック素材を使用
  • 万が一口に入っても大丈夫な成分。目にもしみない
  • 石鹸で落とすことが可能

…などリアルサーファーが選ぶ日焼け止めの機能が揃っています。

サーフヨギ ナチュラルサーフスクリーンが選ばれる理由

チョコレート、ココナッツオイル、バニラエキスといった天然素材のみを使っています。

サーファーによって、サーファーのためにつくられた日焼け止めなので、インドネシア、ハワイ(アメリカ)、オーストラリアなど、日差しの強い国の海でもしっかりテストされています。

  • 紫外線吸収剤、防腐剤、合成香料など不使用
  • 全ての原料は、自然由来100%のオーガニック素材を使用
  • 1度の使用で3~4時間の日焼け止め効果を持続
  • 水や汗に強くマリンスポーツや気温の高い夏場に最適
  • 思わず舐めてしまいたくなる甘いチョコレートの香り
  • 万が一口に入っても大丈夫な成分で、目にもしみない
  • クレンジング不要!石鹸で簡単に落とせます

サーフヨギ ナチュラルサーフスクリーンは2種類

「真夏用」と「春・秋・冬用(10月~5月前後)※ブルーの缶」があります。

成分は同じですが、固さが違います。

商品情報
内容量:60グラム
成分:ヤシ油 ミツロウ ひまし油 酸化亜鉛 カカオ果実(粉末) コーヒーエキス バニラ果実エキス
原産国:インドネシア(バリ島)

【真夏用】サーフヨギ ナチュラルサーフスクリーン

真夏用 サーフヨギ ナチュラルサーフスクリーン

出典:Surfyogis Natural Surfscreen Zinc – Sunscreen – SurfYogis

7月〜9月に使うならこちらが、おすすめ!

【春・秋・冬(10月~5月前後)】サーフヨギ ナチュラルサーフスクリーン

春・秋・冬(10月~5月前後)サーフヨギ ナチュラルサーフスクリーン

出典:Surfyogis Natural Surfscreen Zinc – Sunscreen – SurfYogis

1年中サーフィンする方は、こちらがおすすめ!真冬の紫外線も侮れないです。

塗り方

固形タイプなので、硬くあまり伸びないです。しっかり指ですくって肌に塗り込みましょう。

肌に塗った時の色について

塗ると顔が少し青白くなります。
海以外で使うのは、おすすめしません!

サーフヨギ ナチュラルサーフスクリーンの注意すべきポイント

使用期間はワンシーズンを目安に

防腐剤は使用していないので、開封後一年以上経過すると、油分が酸化します。

寒くなると固くなる

真夏用のサーフヨギは、冬でも使えますが、寒くなるとかなり固くなります。暖房の近くやドライヤーなどで温めて使うことをおすすめします。

固さが気になる方は、ブルーの缶(春・秋・冬)と使い分けをおすすめします。

個人的な感想

普段使いに考えている人は、正直おすすめしません。サーフィンやマリンスポーツをする方(海専用)で日焼けをしたくない方におすすめです。

質感は、髪につけるワックスみたいな感じです。結構、塗り込む必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
サーファーなら自分の肌はもちろん環境にも配慮したいですよね。

サーファーのために作られたオーガニック日焼け止め「サーフヨギ」をぜひチェックしてみてください。

こんな記事も一緒に読まれています。

日焼け止め バートラ(vertra)サーファーに大人気!日焼け止め「バートラ」が選ばれる理由を徹底解説
海・サーフィンにおすすめの日焼け止め海やプール・サーフィンにおすすめの日焼け止めランキング(種類・タイプ別)