サーファーに人気・おすすめのスティックタイプ日焼け止め3選

サーファーに人気!スティックタイプの日焼け止め

海水浴やサーフィンをする際に絶対欠かせないものといえば「日焼け止め」。

海では市街地と比べて、日差しを遮るものがなく、ダイレクトに肌へ紫外線のダメージをうけてしまいます。

肌の健康を守るためにも、海ではしっかりと紫外線対策ができる日焼け止めを選ぶことが大切です。

今回はサーファーも愛用する海で絶対使いたい強力な日焼け止めをご紹介いたします。

海ではなぜ紫外線が強いのか

海に行くと通常よりも紫外線を多く感じる、思ったより日焼けをしてしまった、という経験はありませんか?

海は街中と比べると強い紫外線が降り注ぐため、より念入りに日焼け対策をする必要があります。

海面や砂浜からの照り返し

紫外線は空から降りそそぐだけではなく、海面・白い砂浜からの照り返しによってもダメージをうけます。

海に入っている間だけではなく、砂浜に滞在している時間も日焼けをしてしまうので要注意です。

日差しを遮る建物がない

ビルなどがある街中とは違って、海には紫外線を遮るビル、建物がありません。

直射日光がダイレクトにそのまま降り注ぐため、紫外線量が多くなり日焼けしやすくなります。

肌の露出が増えるため

海では水着になるとどうしても肌の露出が増えます。そのため、紫外線にさらされる面積も多くなります。

また、肌が水に濡れると角質層への光の透過率が上がり、さらにダメージをうけやすくなります。

海で使いたい日焼け止めとは?

海では大前提として、水に濡れても落ちないための「ウォータープルーフ(高い耐水性)」タイプを選ぶことは必須です。

また、紫外線の量が多く集まる場所であるために、「SPFの数値が高い」、「PAの+数が多い」ものを選んだ方が良いでしょう。

スティックタイプがおすすめな理由

それでは、海でのアクティブを楽しむときには、どのような日焼け止めを選べば良いでしょうか。

サーファーがよく使っている日焼け止めは「スティックタイプ」のものです。

ジェル・ミルクタイプのように両手を使って塗り込むのと違って、スティックタイプは片手で手軽に使えるという利点があります。

リップクリームのような固形状のバームを肌に直接塗布できるので簡単に紫外線ケアができます。

バームの幅の広さ

バーム幅は広いほど広範囲に塗ることができます。からだに塗るのであれば幅広なタイプがおすすめです。

またリップスティックのようにバーム幅が狭いほど、顔の細かい部分まで行き届きやすく塗りやすいです。

塗り心地・使用感

スティックタイプの日焼け止めも塗り心地、使用感は商品によって異なります。

サラサラとした軽い使い心地のものや、しっとりと重たい使用感のものなどテクスチャにも違いがあります。

カラーも透明なものであれば色移りを防げたり、ベージュ系の色付きなものであれば肌馴染みしやすい下地としても使えます。

成分、効果

成分、効果によっても大きく違います。

敏感肌の方や子供も使用できる肌にやさしい低刺激のタイプや、乾燥を防いでくれる保湿効果があるタイプなど肌の悩みに沿った日焼け止め選びも重要なポイントです。

サーフィン・海水浴におすすめなスティックタイプの日焼け止め

vertra(バートラ) SPF50 フェイススティック クリアホワイト

Vertra(バートラ) フェイススティック

バートラは2004年に誕生した、アクションスポーツ業界初のプレミアムUVケア商品。

世界中のプロサーファー達が愛用しています。

有害物質は含まず、自然環境に適した設計で作られているので地球にも優しい日焼け止めとしても有名です。

【特徴・ポイント】

  • SPF50、PA++++
  • 滑らかで塗りやすいファンデーションベース
  • 紫外線光(UVB/UVA)からしっかりと肌を保護
  • 80分の防水テストをクリアした耐水性
  • 肌に伸ばすことで透明になる「トランスルーセント」
  • 自然環境にも対応した日焼け止めとして設計、配合、製造されています
  • 紫外線吸収剤不使用、パラベンフリー

【口コミ・レビュー】

サーフィン用日焼け止めの定番といえば「バートラ」。
海に入ってもほとんど落ちることはなく、一度塗るだけで効果は絶大です。
色はホワイトですが、塗ってから手で伸ばせば肌に自然に馴染むので気になりません。

日焼け止め バートラ(vertra)サーファーに大人気!日焼け止め「バートラ」が選ばれる理由を徹底解説

BRISA MARINA ブリサ マリーナ アスリートプロEX UVスティッククリア

BRISA MARINA(ブリサマリーナ)アスリートプロEX UVスティッククリア

自然の中でアクティブに楽しむ人へ。
夏の強烈な太陽からもしっかりガードしてくれるアウトドアボディケアブランドです。

【特徴・ポイント】

  • 海でも安心のSPF50+、PA++++最大UV数値
  • 透明だからウェットスーツに色が付いたり、白浮きの心配もなし
  • 白浮きせずに鼻や頬などの部分焼けもしっかり防ぐ
  • クリアタイプなのにしっかり肌を守る
  • SPF/PA国内基準最大値
  • 27種類の保湿成分配合
  • Ag(銀)、緑茶、柿渋のトリプルパワー配合
  • 汗や水に強いウォータープルーフ処方でウォータースポーツに最適

【口コミ・レビュー】

日焼け止めとしての効果も申し分なく入水数時間経っても焼けませんでした。
またテクスチャも柔らかくて塗りやすいです。
液体のものと違って目に入っても痛くありませんでした。

ココサンシャイン フェイススティック マンゴーブラウン

COCO SUNSHINE(ココサンシャイン) フェイススティック

自然にも人にも優しいココサンシャインは、高い耐水性と心地よい使用感を実現した日本生まれの日焼け止めです。

【特徴・ポイント】

  • ノンケミカル処方(紫外線吸収剤不使用)の日本製日焼け止め
  • 手がべとつかないスティックタイプ
  • 汗や水に強力なベリーウォータープルーフ
  • 無香料なので日常使用も◎
  • サーフィン中や水の中でも目にしみない
  • ミツロウ等の肌にやさしい成分処方で低刺激
  • ファンデーションタイプでべとつかない

【口コミ・レビュー】

ファンデーションタイプの日焼け止めですが、不自然な仕上がりにならず男女ともに使いやすいカラーだと思います。
水に濡れても落ちにくく、しっかりと日焼けを防止してくれます。肌も荒れなくて気に入っています。

番外編:SURF YOGIS(サーフヨギ サンクリーン) 日焼け止め

サーフヨギ ナチュラルサーフスクリーン(SURF YOGIS NATURAL SURFSCREEN)

スティックタイプではないですが、固形タイプの日焼け止めでオススメをご紹介します。

バリ島のドリフターというサーフショップのオーナーが作るオーガニックの日焼け止め。

100%植物由来のオーガニックな日焼け止めで、人間にも環境にも優しく作られています。

【特徴・ポイント】

  • 全成分自然由来の完全オーガニックで海や珊瑚礁、皮膚や人体にも無害
  • 1度の使用で3~4時間の効果が持続
  • 水や汗に強くマリンスポーツや気温の高い夏場に最適
  • 思わず舐めてしまいたくなる甘いチョコレートの香り
  • 万が一口に入っても問題ありません
  • 防腐剤、合成香料など不使用
  • 敏感肌の方、赤ちゃんの肌にも使える優しさ
  • クレンジング不要、石鹸で簡単に落とせる

【口コミ・レビュー】

オーガニックな日焼け止めを探していたので購入しました。
真夏の海でも日焼けせず、目に入ってもしみませんでした。テクスチャは硬いですが、水にも強く、もちもすごく良いです。

サーフヨギ ナチュラルサーフスクリーンサーファーのために作られたオーガニック日焼け止め「サーフヨギ」

リップの紫外線対策

からだや顔、髪への紫外線対策のほかにも意外と見落としがちなのが「唇(リップ)」へのケア。

海の強烈な紫外線を長時間浴びてしまうと、唇も日に焼けてしてまい皮がむけてガサガサになってしまいます。

後悔する前にしっかりと対策しておきましょう。

MARINA(ブリサ マリーナ) 日焼け止めUVリップ(クリア)

ブリサマリーナ UVリップスティック

【特徴・ポイント】

  • SPF32、PA+++
  • クリアカラー、無香料
  • 海でも強いウォータープルーフ
  • 保湿成分である、ビタミンC、アルブチン、オーガニック成分配合
  • 35種類の保湿成分配合
  • 紫外線ケアを忘れがちな唇もしっかり保湿

【口コミ・レビュー】

保湿効果が高くて唇のあれをしっかりと防いでくれます。
海に5〜6時間入ってもしっかり紫外線カットしてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
スティックタイプの日焼け止めは手を汚すことなく片手でささっと塗れる「手軽さ」が一番のポイントです。

海の強い紫外線からしっかりと肌を守るためにもぜひご自身にあった商品を選んで使って見てください。

海やプールで大活躍!サーファーに選ばれる日焼け止め海やプール・サーフィンにおすすめの日焼け止め!タイプ別ランキングや効果を徹底解説