海水浴やサーフィンに!おすすめ&最強の日焼け止め

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーフィンなどのマリンスポーツや海水浴、水遊びをするなら日焼け止めは絶対に手放せないですよね。

特に、陽射しが強い夏の海は紫外線も強く、普段使っている日焼け止めだと、水に落ちやすかったり、効果が弱かったりするので「どんな日焼け止めを選んでいいのか…」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は…

  • サーフィン・マリンスポーツ専用の日焼け止め
  • 用途にあわせての選び方(スティックタイプやリップタイプなど)
  • クラゲ防止など特徴的な日焼け止め

…などを解説していきます。

顔や身体以外にも、髪・くちびる用など、海で使うにはぴったりの日焼け止めがあります。

使用目的や利用シーンにぴったりとあった日焼け止めを選んでくみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

なぜ海では日焼けしやすいのか

海水浴やマリンスポーツを思いっきり楽しんだ後は、全身がヒリヒリと真っ赤に日焼けしてしまった…という経験はありませんか?

海水・砂浜の照り返しが大きい原因

海で日焼けをしやすい大きい理由は「海水からの照り返し」があるから。

海の水面に紫外線が反射することによって紫外線量が多くなり日焼けしやすくなります。

また砂浜からの照り返しも原因の一つ。

砂浜は全体的に白い色をしているので紫外線を反射しやすい状態にあります。

遮るものがないから

市街ではビルやマンションなど建物があるので日陰も多くある程度紫外線を防いでくれている一方、海では遮るものがないことも日焼けをする要因です。

露出している肌の面積が多いから

ビーチでは水着を着用する場合は、必然的に肌の露出が多くなります。

服を着用している時と比べると、紫外線に当たる量も増えるので日焼けしやすい状態になります。

海で海水浴やサーフィンをするのなら専用の日焼け止めを

日焼け止めを塗っていたのにも関わらず、肌が焼けてしまったのなら、使っていた日焼け止めが「あっていなかった」可能性があります。

海水浴やサーフィンをするのなら、

  • SPF・PA値の高いもの
  • 水や汗に強いウォータープルーフ

上記二点のポイントは必ず重視することをおすすめします。

SPF・PA値について

日焼け止めのパッケージに記載されている「SPF」と「PA」について、正確に理解はしていますか?

SPFとは

SPFとは赤くヒリヒリとした日焼けの原因になる、紫外線B波(UVB)をカットし、皮膚が赤く日焼けするまでの時間を何倍に長く出来るのかを数値で表したもの。

SPF1の場合、約20分ほど日焼けを遅らせる事ができると定義されています。

例えばSPF50の日焼け止めの場合、
SPF50×20分=1000分となるので、約16時間40分程度日焼けを防いでくれる事になります。

SPFの数値が高いほど紫外線予防の効果が高いというイメージがありますよね。

日焼けの時間をどれだけ遅らせるかの数値だったという事は意外と知られていないのではないでしょうか。

PA(+)とは

PAとは肌が黒くなってしまう紫外線A波(UVA)をどれだけカットできるかを表したもの。

PAの横に表記されている「+」の数が多いほうが効果が高いとされています。

現在販売されいるものでは「++++」、「+++」、「++」、「+」の四段階に分かれています。

ウォータープルーフについて

ウォータープルーフとは水や汗に触れて落ちにくい成分を含んだ日焼け止めのこと。

海やプールなどで使用するのであればウォータープルーフの日焼け止めが絶対におすすめ。

100%成分が落ちない訳ではないので、こまめな塗り直しをした方が良いでしょう。

サーフィン・海水浴におすすめ!タイプ別の最強の日焼け止め

それでは海で絶対焼かないための最強な日焼け止めを紹介していきます。

一般的に販売されている日焼け止めとは少し違って、クラゲを寄せ付けない日焼け止めや、プロのサーファーも愛用している日焼け止めなど海での使用に特化した商品をピックアップしました。

スティックタイプ

手を汚す事なく顔に直塗りする事ができるスティックタイプの日焼け止め。

紫外線が当たりやすい鼻周りや頬などにも塗りやすく、顔の部分ケアにも最適です。

Vertra(バートラ) フェイススティック

【特徴・ポイント】

  • 伸びが良いスティックファンデーションタイプ
  • 水や汗の耐久性が高く、紫外線防止効果が持続
  • ベトベトしないスムースな使い心地
  • 汗をかいても目にしみにくい
  • 皮膚癌財団が推奨する日焼け止め
  • SPF35

世界中のサーファーたちが愛用する有名な日焼け止めといえば「Vertra(バートラ)」。

高い耐水性とサンプロテクト能力を兼ね備えており、肌の老化の原因となる「紫外線UVA」と、日焼けの原因ともなる「紫外線UVB」をカットして体を保護します。

その優れた効果は皮膚癌財団からもお墨付きを貰っているほど。

紫外線と水に強い「最強の日焼け止め」と言えるでしょう。

人気があるので、売り切れのところが多いです…

出典: (Vertra: Elemental Resistance) サーファーの方やその他マリンスポーツ...

COCO SUNSHINE(ココサンシャイン) フェイススティック

【特徴・ポイント】

  • SPF45、PA++の高い紫外線防御力
  • サーファーのために開発したスーパーウォータープルーフ
  • 長く激しいサーフセッションにも耐久できるような特性です
  • 海の中でも目にしみない
  • どんなにこすっても落ちにくい
  • 高い粘着力をもつ「リンゴ酸ジイソステリアル成分」を配合
  • 優れた保湿成分をもつミツバチのミツロウを配合
  • 防腐剤不使用

耐久性に優れたファンデーションタイプの『COCO SUNSHINE(ココサンシャイン) フェイススティック』。

汗や水に強いスーパーウォータープルーフで、水中でのアクションにも落ちにくい耐水性を兼ね備えたスティックタイプの日焼け止めです。

防腐剤不使用で肌にも優しく、シミやシワなどによる老化現象の原因になるUV-A、UV-Bをしっかりとブロック。

ミツバチがつくったミツロウを配合し、皮膚への安全性にもこだわっています。

固形タイプ

固形タイプは肌にしっかりと塗布する事ができるので落ちにくいのがポイント。

液漏れなどの心配もありません。オーガニックなタイプによくある日焼け止めです。

サーフヨギナチュラルサーフスクリーン

【特徴・ポイント】

  • 防腐剤、合成香料など不使用
  • 全て自然由来のオーガニック素材を使用
  • 1度の使用で3~4時間の効果を持続
  • 水や汗に強くマリンスポーツや気温の高い夏場に最適
  • 思わず舐めてしまいたくなる甘いチョコレートの香り
  • 万が一口に入っても大丈夫な成分で、目にもしみない
  • クレンジング不要!石鹸で簡単に落とせます

インドネシアのバリ島で生まれた100%オーガニックの、肌にも環境にも優しい日焼け止め。

防腐剤などの化学薬品を一切使わずに、全ての原料は100%自然由来でできています。

赤ちゃんの肌や敏感肌の方にも使えるのも嬉しいポイント。

水や汗に強いので日焼け止め効果もしっかり発揮。

サーフショップなどからの口コミで徐々に話題となり現在はオーストラリアやハワイの一部で販売されています。

個人的には、一番欲しいやつ!

公式サイト:http://surfyogisjapan.com/

リップタイプ

太陽の日差しをたくさん浴びた後、唇がヒリヒリと皮がめくれてしまった経験はありませんか?

それはリップが日焼けをしてしまったのかも。

顔やボディはもちろん、唇の紫外線ケアもしっかりと対策をしておきましょう。

ヘッドハンター クリア リップバーム

【特徴・ポイント】

  • アロエエキス・ビタミンE配合
  • SPF30 PA+++
  • なめらかにのび、べたつかずムラのない仕上がりに
  • 唇の保湿にぴったりのひまわり油を配合

ヘッドハンターはカリフォルニアのサンディエゴのサーファーがサーフィンする人のために作った日焼け止め。

サーフィン中の紫外線から唇部分を守るリップバームです。

サーフィンはもちろん、野外フェスやゴルフ中など日差しの強いレジャーシーンにおすすめです。

ブリサマリーナ UVリップスティック

【特徴・ポイント】

  • 強力な紫外線ケアができるSPF50、PA++++
  • 海に入っても落ちないウォータープルーフ
  • カラークリア、無香料
  • 日本製だから安心

海から日常までいつでも使える日焼け止めリップクリーム。

炎天下のレジャーやスポーツ、紫外線が過酷な場所ではもちろん、日常生活のUVケアにも大活躍。

「絶対に焼きたくない人に! ! 」おすすめする最強UVリップです!

公式サイト:http://brisamarina.jp/

クラゲにさされないローションタイプ日焼け止め

サーファーにとっては天敵ともいえる「クラゲ」を寄せ付けない日焼け止めもあります。大人はもちろん子供の海水浴にもおすすめです。

セーフシー アドバンス SPF30 PA++

【特徴・ポイント】

  • UV-A防止効果の高いPA++
  • 水に強いウォータープルーフ仕様
  • 焼けた肌の炎症などを防ぐとビタミンも配合

クラゲが触れても刺されにくくなる特殊な成分を配合した日焼け止め「SAFE SEA」シリーズ。

「クラゲを寄せ付けない」というよりは「クラゲに仲間だと思わせることで刺されないようにする」というメカニズムなんだそう。

セーフシー アドバンス 子供用 SPF30 PA++

「SAFE SEA」アドバンス同シリーズには子ども用もあります。

敏感肌さんにもおすすめです。

クリームタイプの日焼け止め

クリームタイプは伸びがよく肌に馴染みやすいのがポイント。水や汗にも強いウォータープルーフタイプのものもたくさんあります。

UV Natural SPORT SPF30+ 125g

【特徴・ポイント】

  • オーストラリア発の日焼け止め美容クリーム
  • ラベンダー、パチュリ、サンダルウッドなどの精油を配合
  • UV Natural 【UVナチュラル】SPORT SPF0+
  • 100%自然由来、防腐剤・合成香料ゼロ
  • 耐水3時間のウォータープルーフタイプ

UVナチュラル社のSPF30+日焼け止めクリームは、有害成分不使用の植物性原料のみで作られたお肌に優しい日焼け止めクリーム。

ウォータースポーツにもぴったりの強い耐水性を持っており、抗酸化作用のある天然のオイルを配合しているために使用後のつっぱり感もありません。

ブリサマリーナ アスリートプロ UVクリーム ホワイト 70g [SPF50 PA++++]

【特徴・ポイント】

  • SPF50,PA++++だからしっかりと紫外線をカット
  • 汗・水・皮脂に強く、落ちにくいスーパーウォータープルーフ処方
  • 炎症を抑えるアロエベラエキスや保湿効果の高いプラセンタや10種類を超える植物由来エキス配合
  • 香料不使用

「ブリサマリーナ(潮風)」という名のアウトドアボディケアブランドから、プロユースのスーパーUVケアの日焼け止めをご紹介。

顔やボディに使えて塗りやすいく、汗・水にも強くて落ちにくいスーパーウォータープルーフ処方。

海のレジャーで「絶対に焼きたくない人」向けの日焼け止めです。

SALT&STONE(ソルトアンドストーン)オーガニック日焼け止めクリーム

【特徴・ポイント】

  • 天然由来成分(オーガニック成分 + 非ナノ亜鉛)のみを配合
  • 厳選されたオーガニックバターを配合
  • ナチュラルカラーで白浮きしせず化粧下地にもおすすめ
  • 使いやすいロールオンタイプ

アメリカ生まれの「ソルト&ストーン」は、化学薬品を使わず、天然由来成分のみで作られたスキンケアアイテム。
自然由来の成分のみでつくられているから敏感肌の人にもおすすめ。
UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)の二種類の紫外線からしっかりとお肌を守ります。
厳選されたオーガニックオイルとバターを配合しているのでお肌にも潤いを与えます。

スプレータイプ日焼け止め

さっとひと吹きするだけで紫外線対策ができる防水スプレータイプ。手軽に塗り直しができるのも嬉しいポイントです。髪にも使えるのでヘアケアにもおすすめ。

ココサンシャイン バーンガード

【特徴・ポイント】

  • べとつかない素肌サラサラタイプ
  • 汗・水・皮脂に強いウォータープルーフ
  • メイクの上につけても化粧崩れもせず、テカリもありません

世界中のプロサーファーが愛用する「ココサンシャイン」から、スプレータイプの防水日焼け止め「バーンガード」が登場。

スプレーするだけで防水・紫外線ケアできる手軽さが人気です。

髪用UVケア

紫外線ケアには髪の毛を保護するケア用品もあります。真っ先に紫外線が降り注ぐ髪もしっかりと対策しておきましょう。

DEEPAXX ディーパックス UVケア ヘアリッチエッセンス

【特徴・ポイント】

  • サロン仕様の髪の毛のUVケア商品
  • 軽いテクスチャーでオイルなのにべたつかない
  • 水や汗に強いウォータープルーフ処方
  • 髪を紫外線から守って、つややかでしなやかにスタイリングに
  • たっぷり美容成分&しっとり潤うヒアルロン酸配合

髪を紫外線から守り、しなやかで艶のあるステイリングをしてくれる「DEEPAXX / ディーパックス」。

美容成分を配合しているので、海上がりも髪がバサバサにならずに潤いをキープ。

男性にも女性にも好まれるフルーティーとムスクの上品なフレグランスもポイント。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
海や山など夏のレジャーの際にはおすすめの日焼け止めをご紹介いたしました。強力な紫外線からお肌をしっかりと守りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク